不景気にも強い

サラリーマンにとっては、不動産投資を始めようとすると銀行ローンなどの借入を前提とするが多いと思います。サラリーマンでも個人投資家の一人として、賃貸住宅への投資は、世情が不安定な状況でも家を借りたいとするニーズは必ずありますので、家賃収入が期待できる点でトライしやすくもあり、家賃収入でローン返済計画も立てやすいということになります。

不動産の場合、ローンを組んでの物件取得であれば、物件の評価損は、銀行が負担してくれるため、不景気を理由に借り手がなかなかつかないため、投資を止めたとしても、銀行がその物件を担保として評価しており、ローン完済に支障が出ないからです。

一方、景気の上昇局面を迎えている場合、当然のことながらより良い物件を賃貸したいとするニーズが盛り上がってきますので、不動産の価値も上昇するという好回転となります。従って、不動産投資は、気を長く持ち続けていれば、家賃収入は確実に期待できます。さらに、好景気の時となれば、購入した物件そのものの価値も上昇していますので、家賃改定も可能ですし、その物件を転売して利益を確定させる方法も可能であります。

また、資産売却益を基に新たな物件を購入して不動産投資を継続するのも一つの投資方法ではないでしょうか。

そんなうまい話しは?と思われるでしょうが、不動産投資の醍醐味でもあります。勿論、借り手が長い期間つかずに家賃収入が入らない、また、物件の修繕費が予想以上に嵩むといった出費面のリスクも当然ありますが、サラリーマンにとって、固定給状態から少しでも資産を増やしたいと思う方にとって、このような不動産投資を行うことはメリットであると思います。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *