サラリーマンのチャレンジ

日本の不動産は世界的に見ても非常に安定した投資商品と言えます。少ない資金で不動産投資チャレンジするサラリーマンには是非とも知っておいていただきたいことがあります。

一番のリスクは、長い期間空室となってしまうことです。「貸してなんぼ」という不動産投資である以上、賃料収入が見込めない期間は作りたくないものです。投資計画から家賃料を決めたとしても、利用者がつかなければ、投資の意味がないばかりかローンの返済もままなりませよね。

でも、多少立地条件が悪くてもそれなりの賃料設定をすることで空室が埋まることがあります。特に単身者ニーズに合わせたワンルームマンション投資などは、インターネットでなんでも情報収集できる時代ですから、単身者ニーズに合わせた賃料設定をすれば、空室状態を回避することができます。

しかし、投資当初の計画からあまりかけ離れた賃料設定では、上手い資産運営ができないことにもなりますので、できるだけ立地条件が良くて交通至便な物件を予め選べるよう優良不動産業者とよく相談しておく必要があります。優良物件を確保しておけば、最悪、資産売却しても負債を抱えずに済むことができます。

サラリーマンがチャレンジしやすい不動産投資とはいうものの、先立つ資金の確保に銀行ローンからの借り入れをしての物件購入となる場合は、銀行ともよく相談しながら十分な不動産情報の収集にもチャレンジしてください。

比較的景気低迷期では、安定した家賃収入が見込めますし、景気が上向いているときは、資産価値も上がっている状態となるので、万が一、投資行動を中止したいと考えた際、資産売却によって難を逃れる手立ても想定しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *