少額手元資金でも投資ができる

昔、不動産投資と言えば、元々資産である土地や資金を持っている者が、資産運用や相続対策のためにするものとされてきました。

団塊の世代の多くのサラリーマンが、戦後日本の復興を支えてきたにも拘わらず自分の住宅はおろか資産運用など出来ようもないまま、老後を迎えている人も少なくないでしょう。

しかし、近年においては、各銀行の住宅ローンなどからサラリーマン向けに不動産融資が注目されています。勿論、自分の居住目的のための住宅ローンが中心でした。人生最低3回は家族構成の都合から住み替えると言われており、普通は、新たな住居を求めるため既住居を売却して資金を確保し、差額は住宅ローンとして新居の購入を行ってきました。

そうした中で、一時的に生活に必要な住居としてマンションやアパートへの住み替え需要が高まっていることに着目して、自らは住まずに空室となっている物件を購入して、賃貸住宅用の投資として、家賃収入を得ようとする不動産投資に乗り出した人が増えてきました。いわゆるサラリーマンによる不動産投資です。

自己資金が数百万円程度でも、銀行から不動産取得融資が受けやすくなってきたこのご時世にあって、自身の住み替えを手控えてでも家主としての賃貸業経営を行っているサラリーマン層が増えています。終身雇用が崩れつつある昨今、将来にわたって安定した収入を確保する観点からサラリーマンによる不動産投資が活発化しています。

何も高額な物件に手を出さずとも立地条件や交通至便さセキュリティなど万全な物件を取得できれば、家賃収入を得ることが出来て将来への安定収入が確保できます。そのためには、良い不動産業者を探すことが第一です。

 

One comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *