アパート

土地付きアパート一1棟を購入し、家賃収入で初期投資資金の返済を行いながら収益を上げていく不動産投資方法です。投資金額やリスクなどはアパートの規模によっても異なりますが、初期投資は大きなものとなりますので、物件購入資金をローンによる場合が想定されます。ローンを家賃収入から安定して返済できる状況をつくることが大切となります。

普通のアパート規模は、2階建てで部屋数が10室以下という物件が多いでしょう。1~2室程度の空室状態なら残りの部屋の家賃収入で、初期投資の返済も賄えますが、空室が生じたときに速やかに利用者を探して、安定した家賃収入を得続けるアパート経営はそう簡単なものではないことも知っておくことが大切です。

中古でも新築であっても長い期間アパート経営をしていけば、アパート本体の維持・修繕などの経費が大きな負担となってきます。家賃収入で儲かることばかりとは言えません。将来、アパート経営に失敗・断念した時のことを考え、アパートを土地付きで購入しておけば、アパート経営をやめても土地という資産は残るので、ローン残債リスクも軽減できる可能性もありますので、アパート経営を始める際のポイントとして押さえておきたいですね。

しかし、初期投資は比較的大きくなるため、手軽にということはありえませんね。資金の調達もそうですが、信頼できる不動産会社との契約をお奨めします。

資産運用を開始するにあたり多くの方は、銀行ローンなどを組んで資金準備をしていますが、アパート丸ごとしかも土地も含めて購入となると相当な資金が必要となります。安定してアパート経営できるよう信頼できる不動産会社を選ぶことが重要になります。