ありがちな投資家

不動産投資家に多くみられるのは、不動産以外が本業で大きな利益を上げ、手元には豊富な資金があって、銀行の信用度もあって事業拡大と称して銀行から不動産ローンを借りられる、いわゆる成功を収めている中堅企業の社長さんたちです。

独自のビジネス感を持ち、事業の成功を収めてきた人たちですが、あまり細かな計算をしないため、自分の投資に無頓着となりがちで、投資効果の是非を本人もよく分かっていないこともあるでしょう。

比較的資金に余裕があるので、通り一遍の不動産業者の口に乗ってしまい、特段固執した土地柄でもないのに、手ごろ感から物件を購入してしまうケースが意外と多いです。 それでも大損をしていなければ、差し迫った危機感など持たず、家賃収入が入ってくればOKとしてしまいがちです。ある意味贅沢な人だとも言えますよね。なので、顧問税理士に調査を任せ、自ら正確な諸経費や利回りを予測することもなく物件を購入してしまうのです。でも、損出が出ていなければそれも一つの不動産投資かもしれません。

このような人がこぞって好むのが、都内、駅近、表面利回りが良いなどというキーワードに乗っかっているようです。

自らが土地を持つということに、ある種の達成感を持ち、不動産投資をしている事への自己満足になっていて、投資が旨いこと言っていると自慢したがる人達です。

不動産投資がそう簡単なものではないにも拘わらず、本業の成功によって余裕ある資金を不動産に投入して、副収入を得られるほど甘い投資ではないことを肝に銘じておく必要があります。

不動産投資を開始するには、まずリスクがあることを理解して身の丈に合った投資の実現を志してほしいものです。