マンション

新築マンション

新築のマンション1室を購入して、その1室を賃貸することで家賃収入を得ていく方法があります。これがマンション経営であり不動産投資の一つです。

現在の超低金利時代では、投資信託、株取引や定期預金等での資産運営にも限界があります。その点、マンション1室を購入して賃料収入を得ることができるのは、比較的手持ち資金が少なくても実行できる資産運用となります。

でも、当然のことながら不動産投資にはリスクも伴いますので、新築マンション選びには立地条件や生活環境などを事前に確認しておく必要があります。新築マンション1室をローンで購入しても借り手さえつけば、家賃収入でローン返済できるため、比較的簡単に始められる不動産投資の方法です。

新築マンションの購入に当たっては、購入額の大半を銀行ローンによる借り入れができますので、手持ち資金が少なくても不動産投資を開始することはできます。

しかし、どこの新築マンションでも良いというものではなく、立地条件や交通の至便さ、セキュリティが優れているなどの環境が整備されている新築マンションでないと、利用者ニーズに繋がらないこともあります。従って、物件購入においては、多少購入額が高くなっても良物件を選びたいですね。

一方、運用リスクを想定しておく必要があります。借り手側が、常に契約更新してくれる利用者ばかりとは限りませんね。次の借り手が見つかるまでの空室期間が生じてしまうことがあります。ローン返済の都合上、家賃収入が入らないというリスクに直面してしまいますので、不動産投資を始めるにあたっては、長期間の空室保証の付いた契約を不動産会社と締結しておくことをお奨めします。

 

ワンルームマンション

 

ワンルームマンション

マンションの中でも不動産投資として比較的手に入れやすいワンルームマンションが、家賃収入を得やすい方法です。

少子高齢化や独身者の増加などで、大きな間取りを必要としない人達に比較的人気のあるのが、ワンルームマンションです。

ただし、日本全体の人口減少により人口の都市集中化が進んでおり、ワンルームマンションの需要は都市に中心している可能性があります。特に機能的でセキュリティに優れ交通の至便さを売り物にしている物件が注目されています。

出来れば利用者に好まれる新築のワンルームマンションの方が、取得金額は高くはなりますが、借り手には好まれ投資効果が期待できます。

一方、中古のワンルームマンションの空き家も多くあると思います。不動産投資を始めて行う方には、中古物件の購入は、比較的安価に取得できる点はメリットとして考えられます。しかし、中古物件を取得してそのまま賃貸できるとは限りませんよね。他の利用者の居住動向などによる入居者間のトラブルや、管理が不行き届きで思わぬ修繕費がかかってしまうことで出費が嵩むことも予想されますので、中古物件の取得には慎重を期したいですね。

新築・中古のいずれにしてもマンション管理運営が行き届いていないと利用者は注目しません。不動産投資には、どうリスクを回避できるか、確実なおかつ中長期間にわたっての家賃収入が見込めるかが大きなカギを握っています。

そのためには、新築や中古物件でも信頼できる保証とサポートの充実している不動産業者との連携が重要です。近年、数十年間にわたっての空室保証をしてくれる物件もあります。投資リスクを少しでも多く回避できる業者との連携が欠かせませんね。

PICK UP! ➡不動産投資を学べるサイト:不動産投資ユニバーシティ